「いつもゴールを決めてくれる」…ジダン監督、2発のC・ロナウドを絶賛

「いつもゴールを決めてくれる」…ジダン監督、2発のC・ロナウドを絶賛

PKでこの日2得点目を決めるC・ロナウド [写真]=Getty Images

 13日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)・グループステージ第1節、前人未到の3連覇を目指すレアル・マドリードは、ホームで格下のアポエルに3―0で順当勝ちした。

 リーガ・エスパニョーラでの2試合連続ドローを経て、CL初戦を迎えたレアル・マドリード。物足りないチームに喝を入れたのは、やはりエースのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドだった。

 スペイン国内では出場停止中のため、公式戦1カ月振りにピッチに立ったC・ロナウドは、12分にMFギャレス・ベイルのクロスを押し込んで先制点を挙げると、51分にも相手のハンドで獲得したPKをきっちりと決め、チームを勝利に導いた。

 PKを決めた直後にはボールを自ら拾って駆け足でセンターサークルに戻るなど、飽くなきゴールへの姿勢を見せ、勝者のメンタリティをチームに注入したC・ロナウド。試合後のインタビューで、チームの3試合振りの勝利ならびにCL白星発進を素直に喜んだ。

「今日は是が非でも勝利が欲しかった。ホームでの試合だったし、良い形でCLをスタートしたかったからね。相手が完全に守備的に戦ってくることは分かっていた。もっとゴールを決められていたかも知れないが、最終的に良い結果を残すことができた」

 C・ロナウドはまた、久々の出場で結果を残せたことに満足感を表した。

「ピッチに戻って来ることができて嬉しいね。CLはリーガとは異なる大会なので、今日は気持ちを新たにプレーしてゴールを決めることが自分にとって重要だった。チームに勝利をもたらすことができ、とても良い気分だよ」

 ジネディーヌ・ジダン監督からも、「彼は世界最高の選手。いつもゴールを決めてくれる」と改めて絶大の信頼を寄せられたC・ロナウド。今週末に行われるリーガ・エスパニョーラ第4節のレアル・ソシエダ戦までは出場停止となるが、来週末に行われる第5節のベティス戦からは再び得点を量産してくれそうだ。

文=北村敦

関連記事(外部サイト)