栃木、ユース所属のMF山本廉、FW本庄竜大、FW早乙女達海の2種登録&来季加入内定を発表

栃木、ユース所属のMF山本廉、FW本庄竜大、FW早乙女達海の2種登録&来季加入内定を発表

栃木、ユース所属のMF山本廉、FW本庄竜大、FW早乙女達海の2種登録&来季加入内定を発表の画像

 栃木SCは15日、栃木SCユースに所属するMF山本廉、FW本庄竜大、FW早乙女達海が来季よりトップチームへ昇格することが内定したこと、そして今季Jリーグの公式戦に出場が可能となる2種登録選手として登録されたことを発表した。

 3選手は全員1999年生まれの18歳。山本の今季の背番号は「42」、本庄は「41」、早乙女は「40」となることも発表されている。

 クラブの公式HPで山本は「来シーズンからトップチームに昇格することになりました、山本廉です。夢であるプロサッカー選手になれたことをとても嬉しく思います。プロになれたのは自分の力だけではなく家族や指導者、仲間など今まで関わってくれた全ての人のお陰だと思っています。感謝の気持ちを忘れず、栃木SCの勝利に貢献出来るよう日々頑張っていきます。応援宜しくお願いします」とコメントを発表。

 本庄は「この度、トップチームに昇格することになりました本庄竜大です。小さい頃から夢だったプロサッカー選手になることができ、多くの方々に感謝しています。1日でも早くグリスタのピッチでサポーターの皆さんに認めてもらえるよう、自分の持ち味である泥臭いプレーで貪欲にゴールを目指したいと思います。宜しくお願いします!」、早乙女は「来シーズンからトップチームに昇格することが決まりました早乙女達海です。栃木SCでプロサッカー選手になる夢を叶えられたことをとても嬉しく思います。これまで自分を支えてくださった、両親、指導者、応援してくださった全ての方々に感謝して、1日でも早くグリーンスタジアムのピッチに立てるように頑張りたいです。そして、たくさんの人に愛され、応援されるような選手を目指したいです」と決意をつづっている。

 栃木は明治安田生命J3リーグで21試合を終え、11勝7分3敗の勝ち点「40」で3位。次節はホームにガンバ大阪U−23を迎える。