湘南、順天堂大DF坂圭祐と国士舘大FW山口和樹が来季新加入内定

湘南、順天堂大DF坂圭祐と国士舘大FW山口和樹が来季新加入内定

湘南ベルマーレエンブレム

 湘南ベルマーレは15日、順天堂大学のDF坂圭祐と国士舘大学のFW山口和樹が来季新加入選手として内定したと発表した。

 坂は1995年生まれの22歳で、身長174センチメートルのDF。四日市中央工業高校から順天堂大学に進学した。山口も1995年生まれの22歳で、身長は155センチメートルのFW。柏レイソルU−15から日本航空高校を経て国士舘大学に進学した。

 加入内定にあたり、坂は以下のようにコメントしている。

「来シーズンから湘南ベルマーレに加入することになりました坂圭祐です。プロサッカー選手としての第一歩を、素晴らしいチームでスタートできることを大変嬉しく思います。どんな時も自分を応援してくれた家族、多くのことを教えてくれた指導者やチームメイトなど全ての方々に感謝しています。そういった方々の想いを胸に、サッカー選手としてはもちろん、人間的にも成長し、1日でも早く湘南ベルマーレの力になれるように頑張ります。応援よろしくお願いします」

 山口は以下のようにコメントしている。

「来季より湘南ベルマーレに加入することとなりました山口和樹です。湘南という素晴らしいクラブでプロ生活をスタートできることを嬉しく思います。日々の練習で着実に成長し、自分の特長を磨くことのできるこのクラブで、向上心を持ってプレーしたいと思います。これまで支えてくださった方々への感謝を忘れず、1日でも早くベルマーレの勝利に貢献できるように頑張ります。応援よろしくお願いします」

 湘南は明治安田生命J2リーグで32試合を終え、20勝7分5敗の勝ち点「67」で1位。次節はホームにカマタマーレ讃岐を迎える。

関連記事(外部サイト)