決勝点アシストの乾に現地紙が最高評価! 指揮官も「典型的な点の取り方」

決勝点アシストの乾に現地紙が最高評価! 指揮官も「典型的な点の取り方」

レガネス戦に出場したエイバルの乾貴士 [写真]=ムツ カワモリ

 エイバルの日本代表MF乾貴士が、15日に行われたリーガ・エスパニョーラ第4節のレガネス戦でチームを勝利に導く貴重なアシストを決めた。

 ここ2試合連続で完封負けを喫していたエイバルは、レガネスをホームに迎えたこの日もなかなか攻撃の形が作れない。だが、両チーム無得点のまま迎えた53分、センターサークル内でボールをカットしたDFアレハンドロ・ガルベスがドリブルで敵陣へと侵入すると、左サイドに開いた乾へとパス。これを受けた乾が右足でピンポイントのクロスを送ると、そのままオーバーラップしたガルベスがヘディングでゴールを奪った。

 結局、この虎の子の1点を守り抜き、開幕戦以来3試合ぶりに勝利を収めたエイバル。決勝点をアシストした乾には現地メディアも高評価を与えており、とりわけ両チームで単独最高評価の3点を付けた『アス』紙は、その正確無比なクロスを絶賛した。

「イヌイは自身が持つ測り知れないレベルを見せ付けた。狙い澄ましたクロスを送り、ガルベスはただボールを頭でゴールに流し込むだけだった」

 一方、ホセ・ルイス・メンディリバル監督は試合後の会見で、得点の形に納得しながら攻撃陣に一層の奮起を促した。

「我々の典型的な点の取り方だった。ボールを奪い、サイドに展開し、クロスを入れる。エイバルというチームにとって最も自然な形だった。我々はこういうプレーをもっと増やして行かなければならない。そのために、両サイドには突破力のあるウインガーを、前線にはすべてのボールに競れるよう2人のフォワードを置いているのだからね」

 なお、リーガ・エスパニョーラ第5節はミッドウィーク開催となり、エイバルは19日にアウェイでバルセロナと対戦する。乾にとって敵地カンプ・ノウでのバルセロナ戦は、昨シーズン最終節で衝撃の2ゴールを決めた試合だけに、今シーズン初アシストに続く初ゴールに期待が高まる。

文=北村敦

関連記事(外部サイト)