敗戦から中二日の川崎が疲れ知らずの3発完勝! 小林らのゴールで清水を下す

敗戦から中二日の川崎が疲れ知らずの3発完勝! 小林らのゴールで清水を下す

小林らのゴールで川崎が清水に完封勝利 [写真]= JL/Getty Images for DAZN

 2017明治安田生命J1リーグ第26節が16日に行われ、清水エスパルスと川崎フロンターレが対戦した。

 試合が動いたのは14分、川崎が左サイド奥深く、ペナルティエリアのすぐ外側でFKを得る。中村憲剛がニアサイドに絶妙なボールを送ると、走り込んだ谷口彰悟が強烈なヘディングシュートを叩き込んだ。

 続いて25分にも左サイドを攻略した車屋紳太郎が折り返し、ぽっかり空いたスペースをついた小林悠がワントラップし、左足でねじ込んでリードを拡げた。

 さらに79分、小林に代わって投入された森本貴幸がすぐに結果を残す。巧みな動きだしでロングパスを引き出し、DFと1対1の状況になる。森本は抜き切らずにミドルシュートを選択、するとこれがDFの足に当たって軌道が変わったボールがゴールに吸い込まれた。

 試合はこのまま終了のホイッスル。ACLから中二日の川崎が3−0で勝利した。

 次節、清水エスパルスは23日にホームでサンフレッチェ広島と、川崎フロンターレはアウェイでヴィッセル神戸と対戦する。

【スコア】
清水エスパルス 0−3 川崎フロンターレ

【得点者】
0−1 14分 谷口彰悟(川崎フロンターレ)
0−2 25分 小林悠(川崎フロンターレ)
0−3 79分 森本貴幸(川崎フロンターレ)

関連記事(外部サイト)