神戸が2発快勝で札幌の3連勝を阻止…田中順也が加入後リーグ戦初ゴール

神戸が2発快勝で札幌の3連勝を阻止…田中順也が加入後リーグ戦初ゴール

ゴールを喜ぶ神戸の選手たち [写真]=JL/Getty Images for DAZN

 2017明治安田生命J1リーグ第26節が16日に行われ、ヴィッセル神戸と北海道コンサドーレ札幌が対戦した。

 試合は早い時間に動く。4分、ペナルティエリア手前左で受けたルーカス・ポドルスキが右足でミドルシュートを放つと、GKが弾いたボールを田中順也が押し込み、神戸が先制に成功した。田中にとっては移籍後リーグ戦初ゴールとなった。

 追加点を狙う神戸は22分、左からのCKに渡部博文が頭で合わせ、リードを2点に広げた。

 その後はスコアが動かず、試合は2−0で終了。神戸が連勝を飾った一方、札幌は連勝が2でストップした。

 次節、神戸は23日に川崎フロンターレと、札幌は同日にアルビレックス新潟と、それぞれホームで対戦する。

【スコア】
ヴィッセル神戸 2−0 北海道コンサドーレ札幌

【得点者】
1−0 4分 田中順也(神戸)
2−0 22分 渡部博文(神戸)

関連記事(外部サイト)