岡崎は途中出場…レスター、ヴァーディ同点PK弾で昇格組とドロー決着

岡崎は途中出場…レスター、ヴァーディ同点PK弾で昇格組とドロー決着

ハダースフィールド戦に途中出場した岡崎慎司 [写真]=Leicester City FC via Getty Images

 プレミアリーグ第5節が16日に行われ、日本代表FW岡崎慎司の所属するレスターはアウェイでハダースフィールドと対戦した。前節メンバー外だった岡崎はベンチスタートとなった。

 現在リーグ戦2連敗中のレスター。今節はプレミア初昇格のハダースフィールドとの一戦だが、敵地で押し込まれる状況が続く。ジェイミー・ヴァーディやケレチ・イヘアナチョ、リヤド・マフレズらを中心にカウンターでゴールを狙うが、なかなかチャンスを作れないまま前半をスコアレスで折り返す。

 前半の膠着状態から一転し、後半は立ち上がりからスコアが動く。46分、アブデルハミド・サビリからパスを受けたローラン・ドゥポワトルが、DFハリー・マグワイアを振り切りエリア内右に進入すると、右足を振り抜いてシュートをゴール左隅に沈めた。

 それでもレスターは50分、PKを獲得すると、キッカーのヴァーディが相手GKと逆のゴール左に突き刺し、すぐさま試合を振り出しに戻した。

 逆転したいレスターは69分、イヘアナチョを下げて岡崎を投入。すると岡崎は直後の70分に右サイドでパスを受け、深い位置からマイナスの折り返し。これを受けたマフレズがエリア内右から強烈な左足シュートを放つが、惜しくも枠を捉えられなかった。

 試合は1−1のままタイムアップ。レスターは昇格組のハダースフィールドと勝ち点1を分け合い、3試合勝利から遠ざかる結果となった。

 レスターは次戦、19日にカラバオ・カップ(フットボールリーグ・カップ)3回戦でリヴァプールをホームに迎える。ハダースフィールドは同日に同3回戦でクリスタル・パレスとのアウェイゲームに臨む。

【スコア】
ハダースフィールド 1−1 レスター

【得点者】
1−0 46分 ローラン・ドゥポワトル(ハダースフィールド)
1−1 50分 ジェイミー・ヴァーディ(PK)(レスター)

関連記事(外部サイト)