柴崎、バルサ相手に超絶ゴールも負傷退場…ヘタフェはパウリーニョに決勝点許し逆転負け

柴崎、バルサ相手に超絶ゴールも負傷退場…ヘタフェはパウリーニョに決勝点許し逆転負け

ゴールを決めた柴崎の負傷交代後にバルセロナが逆転 [写真]=Anadolu Agency/Getty Images

 リーガ・エスパニョーラ第4節が16日に行われ、柴崎岳が所属するヘタフェとバルセロナが対戦した。

 柴崎は前節に続きトップ下でスタメンに選ばれ、開幕から4試合連続での先発出場になった。対するバルセロナはリオネル・メッシ、ルイス・スアレス、ウスマン・デンベレの3トップに、セルジ・ロベルトが久しぶりのサイドバックに入った。

 柴崎は16分、左サイドをオーバーラップし、決定的なパスを送るなど存在感を見せる。24分にはデンベレが負傷。太ももの裏を気にする仕草を見せ、ジェラール・デウロフェウとの交代を余儀なくされた。

 すると39分、右サイドからのクロスを味方FWがヘッドでつなぐと、柴崎が高く浮いたボールの落ち際を左足でボレーシュート。強烈なボールがゴール右上に突き刺さった。柴崎がスーパーゴールでチームにリードをもたらし、前半を折り返す。

 しかし52分、ファールを受けた柴崎が足の甲を気にする様子を見せる。柴崎はプレーを続けるころができず、負傷交代。自らの足でピッチを後にした。

 バルセロナは62分、後半開始にアンドレス・イニエスタに代わって入ったデニス・スアレスが1点を返す。前線からの守備でS・ロベルトがボールを奪い、中央にパス。これをD・スアレスが足の裏でワントラップ、狙い澄ましたシュートがゴール左上に突き刺さった。

 このまま終了かと思われた84分、メッシが中央でボールを持つと、後ろから走り込んできたパウリーニョにパス。パウリーニョは力強いドリブルでDF2人の間をぶち抜くと、強烈なシュートを左サイドネットにねじ込んだ。

 次節、ヘタフェは21日にアウェイでセルタと、バルセロナは19日にホームで乾貴士が所属するエイバルと対戦する。

【スコア】
ヘタフェ 1−2 バルセロナ

【得点者】
1−0 39分 柴崎岳(ヘタフェ)
1−1 62分 デニス・スアレス(バルセロナ)
1−2 84分 パウリーニョ(バルセロナ)

関連記事(外部サイト)