マンU、連続先発出場中のエレーラがCL3連勝に満足感「良い状況」

マンU、連続先発出場中のエレーラがCL3連勝に満足感「良い状況」

ベンフィカ戦のエレーラ [写真]=Getty Images

 スペイン代表MFアンデル・エレーラが、18日に行われたアウェーでのチャンピオンズリーグ(CL)・グループステージ第3節ベンフィカ戦後、チームについてコメントを残した。クラブ公式サイトが19日に伝えている。

 今夏の移籍市場で“大型”補強を行ったマンチェスター・Uは今シーズンのプレミアリーグ開幕戦から8試合負けなし。チャンピオンズリーグでも3戦全勝と、補強の成果が表れている。しかし、昨年サポーターズ・オブ・ザ・イヤー選手賞を受賞するなど、中心選手として活躍していたエレーラは、今シーズンはセルビア代表MFネマニャ・マティッチ加入により、出場機会が激減。リーグ戦でスタメン出場した試合は2試合にとどまっており、ポジション争いに苦戦している。

 そんなエレーラだが、プレミアリーグ第8節リヴァプール戦とCLベンフィカ戦の2試合連続先発出場を果たしている。同選手は試合後、クラブのインタビューに応じると、「僕たちは安定したパフォーマンスができている。チャンピオンズリーグだけでなく、開幕後ずっとだ。もちろん改善すべき点はある。まだ11〜12試合プレーしただけだからね。でも僕たちは本当に安定しているし、良い状況にある」とチームの状況に関して満足感を示した。

 また、「勝ち点9をとって、理想の位置につけていると思う。そのことに満足しているよ。チャンスもほとんど与えなかったしね。ポルトガル(ベンフィカのホーム)での試合は簡単じゃない。前にもここで試合したことがあるけれど、たいてい多くのチャンスを与えてしまっていた。でも今回はそうさせなかった。自分たちももっと良くなれるし、より多くのチャンスも作れるはずだけれど、ここで3ポイントをとって勝ち点9で首位につけている今の状況は僕らにとってハッピーだ」とベンフィカ戦の勝利を喜んだ。

 そして、「次はホームでベンフィカと戦う。勝ち点が12になればラウンド勝ち抜けは固いと思う。だからものすごく重要な試合になる。そうやって結果を出すことが自信になって、さらに良いプレーができる。この流れを続けていきたい」と今後に意気込んだ。

 マンチェスター・Uは21日にプレミアリーグ第9節でハダースフィールドと、10月31日にCLグループステージ第4節でベンフィカと対戦する。

関連記事(外部サイト)