移籍初年度で初優勝…5得点の口火を切った阿部浩之「出来すぎです」

移籍初年度で初優勝…5得点の口火を切った阿部浩之「出来すぎです」

先制点を決めた阿部浩之(右)[写真]=Getty Images for DAZN

 川崎フロンターレが史上初となるリーグタイトルを獲得した。FW阿部浩之が試合後のインタビューで歓喜のコメントを残している。

 12月2日に2017明治安田生命J1リーグ第34節で大宮アルディージャに5−0と快勝した川崎。首位の鹿島アントラーズがジュビロ磐田と0−0に終わったため、逆転優勝が決まった。

 前半1分に豪快なシュートでネットを揺らし、ゴールラッシュの口火を切った阿部が得点を振り返って「思い切り打ったら入った」とコメント。さらに12試ぶりとなる得点に「最近、自分自身も点を取れず、チームの力になりたかった。出来すぎです。もっともっと頑張ります」と続けて身を引き締めた。

 ガンバ大阪から移籍初年度で優勝に貢献した阿部は、サポーターへ向けて「最後まであきらめず、皆さんの応援があったからこそ、優勝できたと思います。来年、もう一つ何か取りましょう」と感謝のコメントと、来季2年連続のタイトル獲得を誓った。

関連記事(外部サイト)