浦和から加入のG大阪MF矢島慎也「慣れ親しんだ環境に引っかかり…」

浦和から加入のG大阪MF矢島慎也「慣れ親しんだ環境に引っかかり…」

ガンバ大阪の新体制発表に出席した矢島

 ガンバ大阪は20日、2018シーズンに向けた新体制発表記者会見を行った。

 今季、ガンバ大阪へ加入を決めた矢島慎也。プレーについて「パスやトラップなど基礎技術を見てほしいです。ガンバ大阪で成長できるように1日1日努力を続けたい」と会見で語った。

 また好きなサッカー選手を問われた同選手は「あまりいないが、(ガンバ大阪には)上手い選手がたくさんいるので盗んでいきたい」と話した。

 浦和レッズからの移籍となった矢島は「そのまま浦和でやることも考えていたが、自分の中で慣れ親しんだ環境でやっていることに引っかかりがあって、その中でガンバさんから2年連続で早めにオファーをいただいて、熱意というものを感じた」とコメント。「自分が小さいころから、ライバルチームとしてやってきたビッグクラブだと思います。ここに身を置くことで、周りの選手と競争することで自分が成長すると感じて、誰も知らない場所に飛び込んでみることが大事だと思って移籍を決めました」と移籍の決め手を語った。

 

関連記事(外部サイト)