鳥取退団の31歳FW前田俊介、沖縄SV加入決定…九州リーグで現役続行

鳥取退団の31歳FW前田俊介、沖縄SV加入決定…九州リーグで現役続行

2016年からガイナーレ鳥取でプレーしていた前田俊介 [写真]=Getty Images for DAZN

 ガイナーレ鳥取との契約満了が発表されていたFW前田俊介が、九州リーグの沖縄SVへ加入することが決まった。両クラブが2月1日に発表した。

 前田は1986年生まれの31歳。サンフレッチェ広島ユース出身で、2004年にトップチームデビューを果たした。2007年に大分トリニータに移籍し、2010年途中にはFC東京への期限付き移籍も経験。2012年からコンサドーレ札幌(現・北海道コンサドーレ札幌)でプレーし、2016年からは鳥取でプレー。昨季は明治安田生命J3リーグで25試合出場4得点、天皇杯で1試合出場を記録した。そして昨年11月29日、契約満了が発表されていた。

 移籍先決定にあたり、前田は鳥取の公式HPにて「監督・コーチ、スタッフのみなさん、選手のみなさん、そしてファン・サポーターのみなさん、2年間ありがとうございました。また会える日を楽しみにしています!」とコメントしている。

 また、沖縄SV加入にあたり、前田は以下のようにコメントしている。

「ガイナーレ鳥取から加入することになりました前田俊介です。沖縄SVのみなさんよろしくお願いします。頑張ります」

関連記事(外部サイト)