バルサに痛手、ピケが約1カ月の負傷離脱か…CLチェルシー戦も欠場へ

バルサに痛手、ピケが約1カ月の負傷離脱か…CLチェルシー戦も欠場へ

エスパニョール戦で負傷したと報じられたピケ [写真]=Power Sport Images/Getty Images

 バルセロナに所属するスペイン代表DFジェラール・ピケが、約1カ月の負傷離脱を強いられるようだ。スペイン紙『アス』が5日に報じている。

 ピケは4日に行われたリーガ・エスパニョーラ第22節のエスパニョール戦で82分に同点ゴールを記録。1−1の引き分けに持ち込む立役者となった。しかし今回の報道によると、同選手はフル出場を果たしたものの、負傷したという。約1カ月の離脱を強いられる見通しのようだ。

 バルセロナは今後、8日にコパ・デル・レイ(スペイン国王杯)準決勝セカンドレグでバレンシアと対戦した後、11日にはMF柴崎岳のヘタフェとホームで激突。17日には日本代表MF乾貴士のエイバルとのアウェイゲームを戦い、20日にはチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦ファーストレグでチェルシーとアウェイで対戦する。

 リーガ・エスパニョーラとカップ戦を並行して戦う過密日程を前に、ピケが離脱を強いられることになれば、バルセロナにとっては大きな痛手となる。

関連記事(外部サイト)