W杯開幕戦で途中出場からゴラッソ2発…チェリシェフって何者!?

W杯開幕戦で途中出場からゴラッソ2発…チェリシェフって何者!?

W杯開幕戦で2得点を挙げたロシア代表のチェリシェフ [写真]=Getty Images

 2018 FIFAワールドカップ ロシアのグループリーグ第1節(開幕戦)が14日に行われ、グループAでロシア代表とサウジアラビア代表が対戦。開催国のロシアが5−0と大勝した。国際サッカー連盟(FIFA)は公式HPにて、サポーターの投票などにより決まる「バドワイザー・マン・オブ・ザ・マッチ」を発表。同試合に途中から出場し、2得点を挙げたロシア代表MFデニス・チェリシェフが選出された。このロシアの新たなヒーローについて世界中の人々が注目しているようだ

 チェリシェフは1−0で迎えた43分、ペナルティーエリア左側でボールを持つと、鮮やかに相手DFをかわして左足を一閃。ゴール左隅へ突き刺した。さらに後半アディショナルタイムには、FWアルテム・ジュバがヘディングで落としたボールを左足のアウトサイドにかけ、ロシアフットボール史に刻まれるだろう素晴らしい得点を決めた。

 この2点目に関してチェリシェフは「2点目の形はよく練習していたものだった。ジュバが競り勝ったボールを無心でシュートしたんだ。考える時間なんてなかったよ」と振り返っている。

 FIFAは公式HPで、チェリシェフについてあまり知られていない事実を掲載している。初めに、チェリシェフにとって同試合は初のW杯の試合であり、この2得点はロシア代表として挙げた初得点でもあった。チェリシェフは現在27歳で、ロシア生まれ、スペイン育ちのロシア人である。父は、サッカー選手であり、監督も務めていた。キャリアの始まりはレアル・マドリードの下部組織で、現在はリーガ・エスパニョーラのビジャレアルに所属している。また、前回大会の2014 FIFAワールドカップ ブラジルでは惜しくも代表メンバーから外れている。

関連記事(外部サイト)