日本代表が初戦に向けて非公開練習…大島、昌子、岡崎は別メニューで調整

日本代表が初戦に向けて非公開練習…大島、昌子、岡崎は別メニューで調整

体をほぐした後は、心拍数を計測しながらヨーヨーテストを行なった [写真]=Getty Images

 日本代表は15日、ベースキャンプ地のカザンで練習を行なった。

 スイス戦で左腰を打撲したMF大島僚太(川崎フロンターレ)と、パラグアイ戦で右太ももを打撲したDF昌子源(鹿島アントラーズ)は別メニューで調整。またFW岡崎慎司(レスター)も右足下腿に張りを訴えたため、軽めの調整となった。

 当初は公開される予定だった練習も、急きょ冒頭15分を除いて非公開練習に。19日のコロンビア戦に向けて、いよいよ臨戦態勢に入った。

関連記事(外部サイト)