MOMはC・ロナウド! 注目の“イベリア・ダービー”でハットトリック

MOMはC・ロナウド! 注目の“イベリア・ダービー”でハットトリック

MOMに輝いたクリスティアーノ・ロナウド [写真]=Getty Images

 FIFA(国際サッカー連盟)は公式HPにて、サポーターの投票などにより決まる「バドワイザー・マン・オブ・ザ・マッチ」を発表。同試合で3得点を挙げハットトリックを達成したポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが選出された。

 2018 FIFAワールドカップ ロシアのグループリーグ第1節のグループBでポルトガル代表とスペイン代表による“イベリア・ダービー”(イベリア半島同士の対戦)が行われ、C・ロナウドが圧巻のパフォーマンスを“魅せた”。

 C・ロナウドは開始4分、自身で獲得したPKを落ち着いて沈めると、1−1で迎えた43分、ペナルティーエリア手前で左足を一閃。スペイン代表の守護神ダビド・デ・ヘアの手を打ち破りゴールを決めた。さらに後半アディショナルタイム直前には、ペナルティエリア手前でFKを獲得するともちろんキッカーはC・ロナウド。鮮やかな弧を描くキックでボールをゴール右隅に突き刺し、ハットトリックを成し遂げた。

 なお、試合は両者互角の戦いをみせ3−3ドロー決着。グループB第2戦では、ポルトガルが20日にモロッコ代表と、スペインも20日にイラン代表と対戦する。

関連記事(外部サイト)