「メッシの心を読んだ」PKを止めたアイスランド代表GK、MOMに選出

「メッシの心を読んだ」PKを止めたアイスランド代表GK、MOMに選出

アイスランドの守護神ハンネス・ソール・ハルドーソン [写真]=Getty Images

 FIFA(国際サッカー連盟)は公式HPにて、サポーターの投票などにより決まる「バドワイザー・マン・オブ・ザ・マッチ」を発表。アルゼンチン代表戦で好セーブを見せたアイスランド代表GKハンネス・ソール・ハルドーソンが選出された。

 2018 FIFAワールドカップ ロシアのグループリーグ第1節のグループDでアルゼンチン代表とアイスランド代表が対戦した。1−1で迎えた63分、アルゼンチンがPKを獲得すると、キッカーはFWリオネル・メッシ。しかし、このメッシのPKをアイスランドの守護神ハルドーソンが見事なセービングで阻止していた。その他にも、ハルドーソンは同試合で何度もピンチを救いアイスランドの価値あるドローに大きく貢献していた。

 また、試合後ハルドーソンはメッシのPKを止めた瞬間を「夢がかなった」と表現し、メッシの心理を読んだことを明かした。

「この状況は起こりうると考えていたからいくつか宿題をしていた。大きな賭けだったがそれは起きたんだ」

「メッシのPKを何本も見たよ。最近のPKで自分がどういうプレーをしていたかも見直した。相手の心に入り込もうとしたんだ。相手も僕のことを考えただろうね。今日はこっちに来ると思ったんだ」

 なお、グループD第2戦では、アイスランドが22日にナイジェリア代表と、アルゼンチンは22日にクロアチア代表と対戦する。

関連記事(外部サイト)