アイスランド戦引き分けは「自分の責任」メッシ、PK失敗を悔やむ

アイスランド戦引き分けは「自分の責任」メッシ、PK失敗を悔やむ

「自分の責任」メッシPK失敗

アイスランド戦引き分けは「自分の責任」メッシ、PK失敗を悔やむ

アイスランド戦引き分けは「自分の責任」メッシ、PK失敗を悔やむの画像

 アルゼンチン代表FWリオネル・メッシがPK失敗を悔やんだ。米メディア『ESPN』など複数メディアが伝えている。

 16日、2018 FIFA ワールドカップ ロシアのグループDの初戦が行われ、アルゼンチン代表はアイスランド代表と対戦し、1−1で引き分けた。メッシは1−1で迎えた63分、PKのキッカーを務めたが、アイスランド代表GKハンネス・ソール・ハルドーソンの好セーブに阻まれた。

 試合後、インタビューに応じたメッシは引き分けの責任がPKを決められなかった自分にあったと落胆のコメントを残した。

「PKを外したのは決定的な場面だから痛かった。勝ち点3点を取れなかったのは僕の責任だと感じているよ。PKがすべてを変えてしまったことは間違いない」

「でも、引き分けにもかかわらず、僕たちは望みを失っていない。みんな同じ欲求を持っているよ。そして、僕たちは勝利に値した。アイスランドのディフェンスにスペースを見つけようと努力したが、それはなかなかできなかったね」

「W杯をドローでスタートするつもりはなかったが、W杯で勝つというのは容易ではない。W杯は非常に実力が均一に近く、すべての試合がいつも接戦だ」

「この試合結果を重視する必要はない。数日休んで、次の試合の準備したい」

 同メディアによると、メッシはバルセロナとアルゼンチン代表での直近10回のPKのうち5回を失敗しているようだ。なお、グループD第2戦では、アルゼンチンは22日にクロアチア代表と、アイスランドは22日にナイジェリア代表と対戦する。

関連記事(外部サイト)