4年前のトラウマは「ない」スイス戦の主将のマルセロ「新たなチャレンジ」

4年前のトラウマは「ない」スイス戦の主将のマルセロ「新たなチャレンジ」

前日記者会見の臨んだマルセロとチッチ監督 [写真]=Getty Images

 ブラジル代表の初戦スイス戦でキャプテンマークを巻くことになったDFマルセロがW杯の意気込みを話した。イギリスメディア『フォー・フォー・トゥー』が16日に伝えている。

 17日、ブラジルは2018 FIFA ワールドカップ ロシアのグループステージ初戦でスイスと対戦する。キャプテンの持ち回り制を採用するチッチ監督は同試合の前日記者会見で、マルセロをスイス戦のキャプテンに任命した。

 今大会優勝候補ブラジルのキャプテンに抜擢されたマルセロは会見で次のように語った。

「これは僕が長年求めてきたことだ。リーダーシップをチームに向けて発信できると感じているよ。すでに30歳で、フットボールを通じて多くの経験を積んだ」

「子供のころはただベンチから眺めていた。そしてこの大舞台で母国を代表する選手になることを夢見ていたんだ。そして、今やキャプテンに指名された。これはお金では買えない特別なものだ」

 また、4年前母国で開催されたワールドカップ準決勝でドイツに大敗を喫する“ミネイロンの惨劇”の影響を問われると、こう話した。

「(あのような敗戦は)フットボールでは起こり得ることだ。でも、トラウマはない。仮にトラウマがあったとすればもうプレーできないだろうし、すでに引退していると思う。今回のワールドカップは新たなチャレンジだ。人生はチャレンジで成り立っている。なにも恐れることはない」

関連記事(外部サイト)