セルビアがコラロフのFK弾で初戦白星…コスタリカはナバスが奮闘も完封負け

セルビアがコラロフのFK弾で初戦白星…コスタリカはナバスが奮闘も完封負け

コラロフ(中央)のゴールでセルビアが初戦を白星で飾った [写真]=Getty Images

 2018 FIFAワールドカップ ロシア・グループステージ第1戦が17日に行われ、コスタリカ代表とセルビア代表が対戦した。

 FIFAランキング23位のコスタリカは、2大会連続5度目の出場となった。ベスト8と躍進した前回大会でも活躍を見せたケイラー・ナバスやブライアン・ルイスといった面々が、この試合でも先発メンバーに名を連ねている。一方、同34位のセルビアは、2大会ぶり2度目の出場。ネマニャ・マティッチやアレクサンダル・コラロフ、ブラニスラフ・イヴァノヴィッチをはじめとする多くの実力者たちが先発出場している。

 前半はボール保持率で上回るセルビアに対して、コスタリカが集中した守備から機を見て鋭い攻撃を仕掛けるという構図に。両チームともに決定機を作り出したものの、得点を挙げるには至らず。試合はスコアレスのまま折り返した。

 試合が動いたのは56分。セルビアはゴール右でFKのチャンスを得ると、コラロフが左足を一閃。美しい軌道を描いたシュートは、この試合でも好セーブを連発していたナバスの手が届かないコースへと鮮やかに突き刺さり、セルビアが待望の先制点を挙げた。

 試合はこのまま0−1で終了。次戦は22日、コスタリカはブラジル代表と、セルビアはスイス代表とそれぞれ対戦する。

【スコア】
コスタリカ代表 0−1 セルビア代表

【得点者】
0−1 56分 アレクサンダル・コラロフ(セルビア)

関連記事(外部サイト)