コウチーニョ、スイス戦MOMに…勝利逃すも、強烈ミドルで先制弾

コウチーニョ、スイス戦MOMに…勝利逃すも、強烈ミドルで先制弾

スイス戦で先制弾を決めたフィリペ・コウチーニョ [写真]=Getty Images

 2018 FIFAワールドカップ ロシアのグループリーグ第1節が17日に行われ、グループEでブラジル代表とスイス代表が対戦。1−1の引き分けに終わった。

 FIFA(国際サッカー連盟)は公式HPにて、サポーターの投票などにより決まる「バドワイザー・マン・オブ・ザ・マッチ」を発表。先制ゴールを決めたブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョが選出された。

 コウチーニョは0−0で迎えた20分、ペナルティーエリア左手前で相手のクリアボールを拾うと、右足を一閃。強烈なミドルシュートは右ポストに当たってゴールへ吸い込まれた。

 ブラジルは後半立ち上がりにCKから同点ゴールを許し、1−1の引き分け。初戦での勝利とはならなかった。グループE第2戦では、22日にコスタリカ代表と対戦する。スイスは同日、セルビア代表戦を控えている。

関連記事(外部サイト)