デンマーク代表、W杯初戦で負傷のクヴィストが離脱…肋骨を骨折

デンマーク代表、W杯初戦で負傷のクヴィストが離脱…肋骨を骨折

離脱が決まったクヴィスト [写真]=FrontZoneSport via Getty Images

 デンマークサッカー協会(DBU)は17日、2018 FIFAワールドカップ ロシアを戦うデンマーク代表メンバーから、MFウィリアム・クヴィストが離脱することを発表した。

 クヴィストは、16日に行われたペルー代表とのロシアW杯・グループステージ第1戦に先発出場したものの、35分に負傷交代していた。17日付のスペイン紙『マルカ』によると、同選手はろっ骨を2本折ったほか、肺に穴が開いている模様だ。これにより、同選手はチームを離れ、デンマークへ帰国することが決まっている。

 デンマーク代表は次戦、21日にオーストラリア代表と対戦する。

関連記事(外部サイト)