Fリーグ2018/2019 ディビジョン1が開幕…昨季王者の名古屋は9発快勝

Fリーグ2018/2019 ディビジョン1が開幕…昨季王者の名古屋は9発快勝

名古屋・星兄弟によるゴール後のパフォーマンス

 DUARIG Fリーグ2018/2019 ディビジョン1が、16日(土)に東京・駒沢オリンピック公園総合運動場屋内球技場で開幕した。

 初日の1試合目では、昨シーズンを最下位で終えたバサジィ大分が、ヴォスクオーレ仙台と対戦。今シーズンの開幕ゴールを挙げたFP森洸がハットトリックの活躍を見せた大分が、5−2で勝利した。

 つづく2試合目は6点を先行した立川・府中アスレティックFCが、エスポラーダ北海道の追撃を振り切り勝利。3試合目では湘南ベルマーレに先制を許したバルドラール浦安が、逆転勝利を収めた。

 2日目の17日(土)も3試合が行われ、5月に活動を開始したFリーグ選抜が初めてのリーグ戦に臨んだ。試合巧者のシュライカー大阪に終始試合を支配される展開で、6−2で敗戦したが、FP新井裕生のロングシュートやFP鬼塚祥慶のドリブルからのシュートなど、個の強さも垣間見えた試合となった。

 2試合目には昨シーズン王者の座を奪還し、プレシーズンに行われたsfida Fリーグオーシャンカップ2018でも優勝するなど完全復活を印象づけた名古屋オーシャンズが登場。アグレミーナ浜松との“東海ダービー”を9−0で制し、連覇に向けての一歩を踏み出した。

 3試合目のフウガドールすみだ対ペスカドーラ町田は、オーシャンカップ3位決定戦と同カードとなり、東京勢同士の対戦とあって2日間を通して一番の観客数を記録した。試合は今シーズン、シュライカー大阪から移籍したFPクレパウジ ヴィニシウスが2点を先取し、パワープレーを仕掛けたすみだに対し、GK小野寺優介のロングスローからFP森岡薫がダメ押しの追加点を挙げた町田が3−0で完封勝利を収めた。

 12年目のシーズンが開幕したFリーグは、セントラル開催、共同開催を含めここから32試合を戦い、上位3チームによるプレーオフへの出場権を争う。

関連記事(外部サイト)