優勝候補のベルギー、W杯白星スタート! メルテンスがスーパーゴール、ルカクが2得点

優勝候補のベルギー、W杯白星スタート! メルテンスがスーパーゴール、ルカクが2得点

先制点を決めたメルテンス [写真]=AMA/Getty Images

 2018 FIFAワールドカップ ロシア・グループステージ第1戦が18日に行われ、ベルギー代表とパナマ代表が対戦した。

 優勝候補のベルギーは、3トップの中央にロメル・ルカク、左右にエデン・アザール、ドリース・メルテンスを配置し、中盤にはケヴィン・デ・ブライネ、アクセル・ヴィツェルらを起用した。一方のW杯初出場のパナマは、エースのブラス・ペレスをワントップに置いて初戦を戦った。

 前半は体を張ったパナマの守備にゴールを奪えなかったベルギーだったが、後半立ち上がり早々の47分、ペナルティエリア内右で相手のクリアボールに反応したメルテンスが、高く上がったボールを右足でダイレクトで蹴り込んだ。縦に回転がかかったボールがGKの手をすり抜けてゴールに吸い込まれた。

 さらに69分、ペナルティエリア左でボールを持ったアザールからデ・ブライネがバックパスを受けると、中央の状況を確認して、右足アウトサイドで低い弾道のクロスを上げる。これに反応したルカクがヘディングで押し込み、リードを広げた。

 75分にはまたしてもルカクにチャンスが訪れた。自陣でボールを奪うと、ルカクが左サイドを思い切り駆け上がり、相手ディフェンスラインの裏へ抜け出した。完璧にフリーになったルカクがスルーパスを受けると、最後はループシュートを沈めて3点目を奪った。

 最後まで試合をコントロールしたベルギーが、パナマを3−0で下した。次戦、ベルギーはチュニジア代表と23日に、パナマはイングランド代表と24日に対戦する。

【スコア】
ベルギー代表 3−0 パナマ代表

【得点者】
1−0 47分 ドリース・メルテンス(ベルギー)
2−0 69分 ロメル・ルカク(ベルギー)
3−0 75分 ロメル・ルカク(ベルギー)

関連記事(外部サイト)