日本戦に臨むコロンビア代表監督、バルセロナで不振のDFミナを擁護

日本戦に臨むコロンビア代表監督、バルセロナで不振のDFミナを擁護

コロンビア代表のジェリー・ミナ [写真]=Getty Images

 コロンビア代表のホセ・ペケルマン監督は、バルセロナに所属する同代表DFジェリー・ミナへの信頼を崩していないようだ。スペインメディア『マルカ』が18日に報じている。

 19日に2018 FIFAワールドカップ ロシアのグループステージ初戦で日本代表と対戦するコロンビア。ペケルマン監督はその前日記者会見で「私はミナを信頼している。ここ数カ月、バルセロナへ移籍してから出場が減っていることや不安定なパフォーマンスは心配だが、彼は懸命にプレーしているし能力的には問題ない。彼が何分プレーしていようが、明日の試合の戦力であることは変わりない」と信頼を口にした。

 また、「彼は素晴らしい未来のあるプレーヤーだ。バルセロナという競争力のある偉大なクラブに移籍したばかりなので現状は致し方ない。コロンビア代表ではチームのためにプレーして欲しい」と付け加えている。

 今冬にバルセロナへ加入したミナはリーガ・エスパニョーラで5試合の出場に留まっていた。

関連記事(外部サイト)