日本、W杯初戦はPKで先制! コロンビアMFが一発退場

日本、W杯初戦はPKで先制! コロンビアMFが一発退場

先制点を奪った香川真司 [写真]=Getty Images

 日本代表は19日、2018 FIFAワールドカップ ロシアのグループステージ第1戦でコロンビア代表と対戦し、先制点を奪った。

 6分、大迫勇也のシュートは相手GKにセーブされるも、こぼれ球に詰めていた香川真司が続けざまにシュートを放った。このシュートをカルロス・サンチェスがペナルティエリア内で手で止めてしまい、一発レッドカード。日本にPKが与えられた。これを香川が冷静に決めて、試合開始早々に先制点を奪った。

 なお、このゴールがW杯における香川の初得点となり、日本代表にとってW杯通算15ゴール目となった。
 

関連記事(外部サイト)