乾貴士は攻守に奮闘…GS残り2試合へ「この勝利を無駄にしない」

乾貴士は攻守に奮闘…GS残り2試合へ「この勝利を無駄にしない」

乾貴士は攻守に奮闘し、チームの勝利に貢献 [写真]=Getty Images

 19日、2018 FIFA ワールドカップ ロシアのグループステージ第1戦でコロンビア代表と対戦した日本代表。6分、相手の一発レッドから香川真司のPKで先制すると、後半には大迫勇也にもゴールが生まれ2−1で白星スタートとなった。

 左サイドで先発した乾貴士は、積極的な上下動でピッチを駆けまわり攻守に貢献。試合後は反省を口にしながらも、勝利を喜んだ。

「前半はチームに迷惑を掛けてしまった。反省して後半に入りました。勝てたことが何よりですし、自分自身何ができるか考えて守備に走ろうと。それが勝利につながったんじゃないかなと思います」

 守備に意識を置きながらも、持ち前の攻撃力も発揮した。左サイドからドリブルで持ち上がりシュートを放つなど、相手ゴールを脅かした。それでも、試合中は細心の注意を払っていたという。

「勝てる試合だと思いましたし、(相手は)1人少ない状況でボールを持てる時間が多かった。点を獲りに行く気持ちは忘れずに、カウンターでやられないようにと考えていました」

 さらに、大迫の決勝点について「『勝ちたい!』という気持ちがああいうゴールを生んだと思います」と力強く話した。

 最後は「この勝利を無駄にしないように、あと2つしっかり勝って予選突破を決めたい。頑張りたいです」と、24日のセネガル戦、28日のポーランド戦へ意気込みを口にした。

関連記事(外部サイト)