VAR弾でオーストラリアは勝ち点1…デンマークは先制も2連勝ならず

VAR弾でオーストラリアは勝ち点1…デンマークは先制も2連勝ならず

オーストラリアはVARで獲得したPKでドローに持ち込んだ [写真]=Getty Images

 2018 FIFAワールドカップ ロシア・グループステージ第2戦が21日に行われ、デンマーク代表とオーストラリア代表が対戦した。

 デンマークはこの日も司令塔のクリスティアン・エリクセン、パナマ戦で決勝ゴールを決めたユスフ・ポウルセンが先発出場。対するオーストラリアは、浦和レッズのアンドリュー・ナバウトを1トップに配置した4−2−3−1で試合に臨んだ。

 試合は7分、ニコライ・ヨルゲンセンのポストプレーから、エリクセンが左足でボレーシュートを放つ。これがゴールに突き刺さり、デンマークが幸先よく先制に成功する。

 一方、オーストラリアはサイドを起点にデンマークゴールに迫ると38分、マシュー・レッキーのヘディングシュートがポウルセンの手に触れた。一度はプレー続行となるも、このプレーがVAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)の対象となる。すると、判定は覆り主審はオーストラリアにPKを与えた。このPKをミル・ジェディナクが冷静に決めて、オーストラリアが同点に追いついた。

 同点で前半を折り返すと、後半はオーストラリアが攻勢に出る。しかし、フィニッシュで決め手を欠き、ゴールを奪えない。デンマークもカウンターからチャンスをうかがうも、得点は生まれず1−1で試合終了。デンマークは2連勝ならず、勝ち点1を分け合った。

 両チームのグループステージ第3戦は26日、デンマークはフランス代表と、オーストラリアはペルー代表とそれぞれ対戦する。

【スコア】
デンマーク代表 1−1 オーストラリア代表

【得点者】
1−0 7分 クリスティアン・エリクセン(デンマーク)
1−1 38分 ミル・ジェディナク(PK)(オーストラリア)

関連記事(外部サイト)