ホッフェンハイム、30歳の青年監督が来季限りで退団…新天地はライプツィヒ

ホッフェンハイム、30歳の青年監督が来季限りで退団…新天地はライプツィヒ

2018−19シーズン限りでのホッフェンハイム退団が決まったナーゲルスマン監督 [写真]=picture alliance via Getty Images

 ホッフェンハイムは21日、ユリアン・ナーゲルスマン監督が2018−19シーズン限りで退任することを発表した。2019−20シーズンからはライプツィヒで指揮を執ることも決まっている。

 ナーゲルスマン監督はホッフェンハイムのクラブ公式HP上でコメントを発表。「私にとって、早く全ての状況に対して答えを出すことが重要だった」とし、今回の早期発表に至った模様だ。

 また、2019−20シーズンからの新天地はライプツィヒに決まった。同クラブは、ナーゲルスマン監督と2023年までの契約を結んだことをクラブ公式HP上で伝えている。

 ナーゲルスマン監督は現在30歳。2016年2月にホッフェンハイムの監督に就任した。28歳での監督就任はブンデスリーガ史上最年少という若さであった。2017−18シーズンはホッフェンハイムをブンデスリーガで3位に導くなど、その手腕は高く評価されている。なお、同監督はホッフェンハイムと2021年まで契約を結んでいたが、退団に関する例外条項によって、来夏に同クラブを離れることが決まった。

関連記事(外部サイト)