予選突破を決めたクロアチア代表、グループ最終戦でのターンオーバー実施へ

予選突破を決めたクロアチア代表、グループ最終戦でのターンオーバー実施へ

ターンオーバーを示唆したダリッチ監督 [写真]= Getty Images

 クロアチア代表のズラトコ・ダリッチ監督が27日に控えている2018 FIFAワールドカップ ロシア・グループステージ最終戦のアイスランド戦で主力選手を温存する考えを示したようだ。

 クロアチアは2−0で勝利したナイジェリア戦に続き、アルゼンチンにも3−0で快勝したことによって、グループステージで勝ち点6を獲得し決勝トーナメント進出を決めている。

 ダリッチ監督は、21日に行われたアルゼンチン戦後のインタビューに応じ、強豪を撃破したチームのパフォーマンスを称賛とともに、グループステージ突破を決めたことから次戦のアイスランド戦ではターンオーバーの実施を明言したようだ。

 グループステージ最終戦を前に、残る一枠を争うナイジェリア、アイスランド、アルゼンチンにどう影響を及ぼすのだろうか、注目が集まる。

関連記事(外部サイト)