「身長を5センチ伸ばして欲しかった」…西野監督、記者の質問にジョークで返す

「身長を5センチ伸ばして欲しかった」…西野監督、記者の質問にジョークで返す

セネガル戦への意気込みを語る西野朗監督 [写真]=Getty Images

 2018 FIFAワールドカップ ロシア・グループステージ第2戦のセネガル戦を前に、日本代表の西野朗監督が意気込みを語った。

「アフリカのチームは、フィジカルを警戒しなければいけない。そこをまず最初に考えますが、今回のセネガル代表は肉体的な強さだけではないです。非常に組織化されているチーム。自分たちの攻撃権を得るための訓練されたディフェンスがあると思っています」

 セネガル戦勝利するために何か計画があるか聞かれた西野監督は、「乾(貴士)や大島(僚太)に5キロ体重を増やして、5センチ身長を伸ばせと指示しましたができませんでした」と笑いを誘いながら以下のように応えた。

「軽い体でもセネガルに対応できる部分がある。肉体的なコンタクトが多くなるゲーム展開だと状況は不利になると思います。しかし、クイックネスを生かしたり、ボールしっかり動かしたりする部分で対応したいです。なかなか弱点が見つからないので、頭の方を整理しながら戦術を考えています」

「グループでの守備を考えていても、それらを破壊する力が個人に備わっている。直線的なプレーがベースにあると思うので、遅らせて止める。そういった対応をチームの中で考えてやりたいです」

 初戦のコロンビア戦の勝利は「奇跡」と報じられることが多いが、西野監督は「そうは思っていない」と現在のチームに自信を抱いている。

「実際勝つためにコロンビア戦に向けて準備していましたし、それが実現したので、私も選手も奇跡とは思っていないです」

「戦術に関してあまりお話しはしたくないですが、全員がピッチに立てる可能性はあります。コンディションが悪い選手はいないので、様々な選択肢はある。ただ、基本的にスタメンはコロンビア戦をベースとして考えています」

関連記事(外部サイト)