最下位脱出を目指す名古屋が積極補強…川崎からMFエドゥアルド・ネットを獲得!

最下位脱出を目指す名古屋が積極補強…川崎からMFエドゥアルド・ネットを獲得!

名古屋へ移籍するエドゥアルド・ネット [写真]=Getty Images

 名古屋グランパスは29日、川崎フロンターレからMFエドゥアルド・ネットの獲得を発表した。

 エドゥアルド・ネットは2016年に川崎へ期限付き移籍で加わり、翌17年に完全移籍。昨季は不動のボランチとして、明治安田生命J1リーグで31試合に出場し、川崎のJ1制覇に貢献していた。2季ぶりに風間八宏監督のもとでプレーすることとなる。

 エドゥアルド・ネットは名古屋のクラブ公式HP上でコメントを発表。意気込みを語っている。

「はじめましてエドゥアルド ネットです。このビッグクラブでプレー出来るチャンスを与えて頂いた事をとても嬉しく思っています。また、風間さんをはじめコーチングスタッフと一緒に仕事が出来る事に感謝と喜びを感じています。1日も早く新しい仲間達の力になれるように頑張りたいと思います。そして今このクラブが置かれている状況の中から、早く抜け出せるように貢献していきたいです。その為に、皆さんのサポートとお力添えを頂けるとうれしく思います。監督、コーチングスタッフ、選手、サポーター、みんなで一緒に戦いましょう!宜しくお願いします」

 また、同選手は川崎のクラブ公式HPにもコメントを寄せ、感謝の気持ちを綴った。

「この2年半を過ごせてきた事に関して、すべての方々にとても感謝しています。クラブの強化部、監督はじめスタッフの皆さん、選手の仲間達、クラブ関係者、その他サポートをしていただいたすべての方々に感謝の気持ちでいっぱいです。2年半の間には良い時も悪い時もありましたが、そんな中でもクラブ、サポーターの夢でもあったJリーグ初タイトルを獲る事に力添え出来た事を嬉しく思っています。川崎フロンターレという家族の皆さん、本当にどうもありがとうございました」

関連記事(外部サイト)