酒井宏樹、セネガル戦ドローを悔しがる「勝ち点3を取りたかった」

酒井宏樹、セネガル戦ドローを悔しがる「勝ち点3を取りたかった」

2試合連続フル出場した酒井宏樹 [写真]=Getty Images

 2018 FIFAワールドカップ ロシア・グループステージ第2戦が24日に行われ、日本代表はセネガル代表と2−2で引き分けた。

 フル出場した酒井宏樹は試合後、「非常に大事な(勝ち点)1点だと思います。みんなでもぎ取った1点。引かずに、勇敢なプレーができた」と結果を受け止めつつ、「自分の印象としては勝ち点3を取りたかった。個人的に、できる限りの分析はしました。激しいぶつかり合い、のどをやられたのですけど、すごく楽しかったです。楽しめたということは、良い戦いができた」と振り返った。

 だが、「本当にいい大会だったというよりは、いい結果を残した大会だったにしたい。満足している選手はいないので、痛い勝ち点1だと思って次やっていきたいと思います」と第3戦のポーランド戦を見据えた。

 この試合の結果、1勝1分けで勝ち点「4」とした日本。酒井宏はW杯前と比べて「大会前からポジティブだったので、そこは変わらない」と変化はあまりないことを明かしつつ、「でもこうして結果が出てるってことはすごくいいこと。続けて行きたいなと思います」と話した。

 最後に改めて、ポーランド戦は「僕らが引いて勝てる相手じゃないので、今日みたいにみんなで立ち向かっていければいいと思うので、応援よろしくお願いします」と語った。

関連記事(外部サイト)