コロンビア、3発快勝で起死回生の勝ち点3…ポーランドは2連敗で敗退決定

コロンビア、3発快勝で起死回生の勝ち点3…ポーランドは2連敗で敗退決定

コロンビア快勝 決勝Tへ望み

コロンビア、3発快勝で起死回生の勝ち点3…ポーランドは2連敗で敗退決定

ハメス・ロドリゲスがスタメン復帰したコロンビアがポーランドに快勝した [写真]=Getty Images

 2018 FIFAワールドカップ ロシア・グループステージ第2戦が24日に行われ、グループHのポーランド代表とコロンビア代表が対戦した。

 初戦を落とした両チームの対戦は、序盤から激しい攻防が繰り広げられる。試合が進むにつれてコロンビアがペースを握ると40分、この試合でスタメン復帰したハメス・ロドリゲスが右サイドからクロスを供給。これをジェリー・ミナがヘディングで押し込み、コロンビアが先制に成功する。

 0−1で前半を折り返すと、後半もコロンビアが攻勢に出る。70分には、フアン・フェルナンド・キンテーロのスルーパスにラダメル・ファルカオが反応。最後はGKとの1対1を制して、ワールドカップ初ゴールをマーク。コロンビアのリードは2点に広がった。

 さらに、75分にはJ・ロドリゲスのパスからフアン・クアドラードがディフェンスラインを突破。そのままゴール前に持ち込むと、冷静に流し込んで3点目を奪った。

 試合はこのまま0−3で終了。コロンビアは決勝トーナメント進出へ望みをつなぐ勝ち点3を獲得。一方、ポーランドは2連敗となり、グループステージ敗退が決定した。

 グループHの第3戦は28日、ポーランドは日本代表と、コロンビはセネガル代表と対戦する。

【スコア】
ポーランド代表 0−3 コロンビア代表

【得点者】
0−1 40分 ジェリー・ミナ(コロンビア)
0−2 70分 ラダメル・ファルカオ(コロンビア)
0−3 75分 ファン・クアドラード(コロンビア)

関連記事(外部サイト)