岡崎慎司、本田と3年ぶりの“敬礼ポーズ”も「やろうとは言ってなかった」

岡崎慎司、本田と3年ぶりの“敬礼ポーズ”も「やろうとは言ってなかった」

“敬礼ポーズ”をする(左)岡崎と(右)本田 [写真]=Getty Images

 日本代表は24日、2018 FIFAワールドカップ ロシア・グループステージ第2戦でセネガル代表と対戦。相手に2度もリードを許す展開ながらも、乾貴士と本田圭佑の得点で2−2のドローに終わった。

 1点ビハインドの75分から途中出場した岡崎慎司は、本田の同点弾の場面について「潰れた感じではなかった。右に誰がいるかは分からなかった」と話し、「両方とも(大迫勇也、乾の)クロスは自分が点取れるところにいようと思った。目の前にきたんで、足を持って行こうとしたがキーパーが乗ってきたっていう感じだった」と振り返った。

 また、ゴールが決まった後には本田と“敬礼ポーズ”をゴールパフォーマンスとして披露していたが「やろうとは言ってなかった」と予定していたわけではなかったと語り、「圭佑がそうやって言ってきたんで。3年ぶりにやりました」と、2015年1月のアジアカップ・ヨルダン戦以来となる“敬礼ポーズ”の真相を明かした。

 その本田が3大会連続でゴールを決めたことに関して岡崎は「やっぱり3大会アシスト、ゴール共に結果を出せるっていうものは、単純に同級生として素晴らしいなと思いますね」と称賛。「あのすごい緊張する場面で、ゴールを決めるっていうところと、あそこにボールが転がってくるっていうのも含めて、あんまりそういう選手っていない」

 試合はセネガルに先制され、追いかける展開となったが、追いつくことに成功した。岡崎はチームとしての成長を感じているようだ。

「先制されても慌てずに戦ってて、同点弾を決めるのはベンチから見てて、すごく頼もしい。4年前の反省を踏まえて、うまくいかないっていうことを想定して戦えている。無駄な4年前ではなかった。そういう意味では全体的にW杯を経て、成長してる部分もあるのかなって思います」

 日本は28日、第3戦のポーランド代表との一戦で引き分け以上の成績で決勝トーナメント進出が決定する。

関連記事(外部サイト)