サウジが後半ATに勝ち越し! エジプトを下しW杯24年ぶりの勝利挙げる

サウジが後半ATに勝ち越し! エジプトを下しW杯24年ぶりの勝利挙げる

サウジアラビア代表が劇的勝利を挙げた [写真]=Getty Images

 2018 FIFAワールドカップ ロシア・グループステージ第3戦が25日に行われ、サウジアラビア代表とエジプト代表が対戦した。

 22分、アブダラー・サイードのロングボールにモハメド・サラーが抜け出す。相手GKの頭上を越すループシュートを沈め、エジプトが先制する。サラーは2試合連続ゴールとなった。対するサウジアラビアは41分、ヤシル・アル・シャハラニのクロスが相手DFの手に当たり、PKを獲得する。しかし、ファハド・アル・ムワッラドのキックは45歳と161日でW杯最年長出場記録を更新したGKエッサム・エル・ハダリがストップした。サウジアラビアは前半アディショナルタイムにもPKのチャンスを得る。今度はサルマン・アル・ファラジが決めて、前半のうちに同点とした。

 後半アディショナルタイム、サウジアラビアは右サイドから攻撃を仕掛けると、最後はサレム・アル・ドサリのシュートが決まり、土壇場で勝ち越しに成功した。

 試合は2−1で終了。サウジアラビアは1994年のアメリカ大会以来24年ぶりの勝利となった。この結果、サウジアラビアが3位、エジプトが4位で今大会を終えた。

【スコア】
サウジアラビア代表 2−1 エジプト代表

【得点者】
0−1 22分 モハメド・サラー(エジプト)
1−1 45+6分 サルマン・アル・ファラジ(サウジアラビア)
2−1 90+5分 サレム・アル・ドサリ(サウジアラビア)

関連記事(外部サイト)