チームは敗戦も…エジプト代表FWサラーがサウジ戦のMOMに選出

チームは敗戦も…エジプト代表FWサラーがサウジ戦のMOMに選出

マン・オブ・ザ・マッチに選ばれたモハメド・サラー [写真]=Getty Images

 25日に行われた2018 FIFAワールドカップ ロシアのグループステージ第3節(最終節)で、グループAではエジプト代表とサウジアラビア代表が対戦。サウジアラビアが2−1で勝利した。

 FIFA(国際サッカー連盟)は公式HPにて、サポーターの投票などにより決まる「バドワイザー・マン・オブ・ザ・マッチ」を発表。先制点を挙げたエジプトのFWモハメド・サラーが選出された。

 サラーは22分、ディフェンスからのロングフィードで裏に抜け出すとGKとの1対1をループシュートで鮮やかに制し、エジプトに先制点をもたらした。またエジプトは試合に敗れたものの、サラーはエジプトの攻撃の中心として最後までピッチを駆け回った。

 エジプトはグループステージ全試合を終え全敗。勝ち点「0」でグループA最下位としてW杯を終えた。

関連記事(外部サイト)