水戸GK小泉勇人、J3盛岡へ期限付き移籍「全力で取り組んでいきたい」

水戸GK小泉勇人、J3盛岡へ期限付き移籍「全力で取り組んでいきたい」

グルージャ盛岡に小泉勇人が加入

 水戸ホーリーホックに所属するGK小泉勇人が、グルージャ盛岡へ育成型期限付き移籍で加入することが決まった。26日に両クラブが発表した。移籍期間は2018年6月26日から2019年1月31日までで、背番号は「32」。

 小泉は1995年生まれの22歳。鹿島アントラーズの下部組織出身で、2014年にトップチームへ昇格した。昨季途中から水戸でプレー。2014年にJリーグ・アンダー22選抜の一員として明治安田生命J3リーグ1試合に出場している。

 期限付き移籍にあたり、小泉は水戸に対して以下のようにコメントしている。

「この度グルージャ盛岡に育成型の期限付き移籍することになりました。急な報告となりサポーターの皆さんの前で報告出来ずに申し訳ない気持ちでいっぱいですが、自分の中で、今後のプロ人生を考えた時に最良の決断だと思い、移籍を決めました。約1年間お世話になりましたが、素晴らしいサポーターの方々のご支援のもと、充実した日々を過ごすことができました。また水戸に帰ってきたときには成長した姿を、スタジアムで見てもらえるように頑張ってきます。本当にありがとうございました」

 そして加入する盛岡には以下のようにメッセージを寄せている。

「はじめまして。この度、水戸ホーリーホックから育成型の期限付き移籍で加入することになりました、小泉勇人です。シーズン途中の移籍ですが、早くサポーターの皆さんの前でプレーを見てもらえるように、また、チームの目標を達成するために、全力で取り組んでいきたいと思っています。これから宜しくお願い致します」

 なお小泉は契約により、水戸と対戦する公式戦には出場できない。

関連記事(外部サイト)