原口元気、ポーランド戦へ気を引き締める「間違いなく簡単ではない」

原口元気、ポーランド戦へ気を引き締める「間違いなく簡単ではない」

ポーランド戦の意気込みを語った原口 [写真]=Getty Images

 日本代表は26日、28日のポーランド戦に向けて練習を行った。練習後、原口元気がメディアの取材に応じた。

 2018 FIFAワールドカップ ロシアのグループステージでは、2試合続けて先発出場をしている原口は「1試合1試合違うゲームだし、また新しいものに向かって行っている。ワールドカップ期間中ですけど一区切り一区切りでやっている感じはします」と現状について話した。

 右サイドでの出場が続いている原口。右サイドバックの酒井宏樹との連携には、「タイミングの問題だと思います」とコメント。「左に人数をかけていることが多いので、宏樹と2人だけの関係が多い。その中でタイミングが合わないと右は上手くいかない。2人のタイミングはずっと話していますし、コロンビア戦の後半は宏樹が高い位置を取り始めて僕も中で受けるシーンが増え始めている。スムーズに回っていると思う」と手応えを口にした。

 次戦の相手は2連敗でグループステージ敗退が決定したポーランド代表。25日に行われたスペイン代表とモロッコ代表の一戦では敗退が決まっていたモロッコが2度リードするなど、グループ首位通過を果たしたスペインを苦しめていた。原口は同試合を例に出し、ポーランド戦の意気込みを語った。

「僕らが逆の立場でもしっかりやると思う。モロッコを見ていても、スペイン相手にあれだけモチベーション高くプレーしていた。間違いなく簡単ではない。ポーランドも必死にやってくると思うので、自分たちはそれ以上のモチベーションでやらなければいけない」

関連記事(外部サイト)