逆転突破のアルゼンチン、メッシがMOMに選出…待望の今大会初得点

逆転突破のアルゼンチン、メッシがMOMに選出…待望の今大会初得点

鮮やかなボールコントロールから先制弾を決めたメッシ [写真]=Anadolu Agency/Getty Images

 26日に行われた2018 FIFAワールドカップ ロシアのグループステージ第3節で、グループDではナイジェリア代表とアルゼンチン代表が対戦。アルゼンチンが2−1と競り勝ち、逆転でのグループステージ突破を決めた。

 FIFA(国際サッカー連盟)は公式HPにて、サポーターの投票などにより決まる「バドワイザー・マン・オブ・ザ・マッチ」を発表。アルゼンチンの先制ゴールを決めたFWリオネル・メッシが選出された。

 メッシは14分、MFエベル・バネガからのロングパスに反応。ペナルティーエリア手前で落下点に入り、右太ももでトラップすると、すぐさま右足で前方へ持ち出す。鮮やかなボールコントロールでエリア内に入り、右足シュートでゴールネットを揺らした。

 メッシの今大会初得点で先制に成功したアルゼンチンは、最終的に2−1と競り勝った。1勝1分け1敗の勝ち点「4」となり、グループ最下位から2位に浮上。逆転での決勝トーナメント進出を決めた。30日の決勝トーナメント1回戦では、グループCを首位で通過したフランス代表と対戦する。

関連記事(外部サイト)