W杯4度経験のカーン氏、敗退のドイツに苦言「全くもって理解に苦しむ」

【W杯ロシア大会】ドイツ代表がグループステージ敗退 オリヴァー・カーン氏が苦言

記事まとめ

  • 2018 FIFAワールドカップ ロシアでドイツ代表が史上初のグループステージ敗退決定
  • 元同国代表GKのオリヴァー・カーン氏が「理解に苦しむ」と同国代表を痛烈に批判した
  • カーン氏は2002年大会で最優秀選手賞に輝くなど、過去に4度W杯メンバーに選出

W杯4度経験のカーン氏、敗退のドイツに苦言「全くもって理解に苦しむ」

W杯4度経験のカーン氏、敗退のドイツに苦言「全くもって理解に苦しむ」

ドイツ代表に苦言を呈したカーン氏 [写真]=Getty Images

 ドイツ代表の2018 FIFAワールドカップ ロシア グループステージ敗退を受け、元同国代表GKのオリヴァー・カーン氏が苦言を呈した。ドイツ誌『Kicker』日本語版が27日に伝えている。

 ドイツは27日、グループステージ第3節で韓国代表と対戦。同時刻キックオフの一戦でスウェーデン代表がメキシコ代表を3−0で破ったため、ドイツは勝利を収めれば決勝トーナメント進出を決めることができる状況にあった。しかし、終盤の2失点で0−2と敗戦。グループFの最下位に転落し、史上初のグループステージ敗退が決定した。

 歴史的な敗退を受け、カーン氏は「代表のユニフォームに袖を通すという意味は非常に重いものだ。そもそもこのチームに、根幹となるものが見受けられない」と痛烈に批判。「最後の試合になるかもしれないという危機的状況で、あんなにも人間味のない無機質な姿で、プレーを続けていたことは全くもって理解に苦しむよ」と続けた。

 カーン氏は2002年の日韓大会で最優秀選手賞(MVP)に輝くなど、過去4度に渡ってW杯メンバーに選出されている。ドイツ代表の歴史に名を刻んだレジェンドにとっても、今大会の戦いぶりは受け入れがたいものだったようだ。

関連記事(外部サイト)