チュニジアが今大会初勝利…初出場パナマは先制に成功も3戦全敗

チュニジアが今大会初勝利…初出場パナマは先制に成功も3戦全敗

チュニジアが逆転勝利を収めた [写真]=Getty Images

 2018 FIFAワールドカップ ロシア・グループステージ第3戦が28日に行われ、パナマ代表とチュニジア代表が対戦した。

 33分、ホセ・ルイス・ロドリゲスが左足でシュートを放つとDFヤシヌ・メリアーに当たってゴールイン。パナマの1点リードで前半を折り返す。

 後半立ち上がり51分、右サイドからのクロスボールをファハルディン・ベン・ユーセフが押し込んで、チュニジアが同点に追いつく。さらに66分、ワフビ・ハズリが勝ち越し点を奪った。

 試合は1−2で終了。チュニジアが今大会初勝利を収めた。初出場のパナマは3戦全敗で今大会を終えた。

【スコア】
パナマ代表 1−2 チュニジア代表

【得点者】
1−0 33分 オウンゴール(ヤシヌ・メリアー/パナマ)
1−1 51分 ファハルディン・ベン・ユーセフ(チュニジア)
1−2 66分 ワフビ・ハズリ(チュニジア)

関連記事(外部サイト)