山口蛍、セネガルの得点は「考えていなかった」…決勝Tは「今日休んだ選手がやってくれる」

山口蛍、セネガルの得点は「考えていなかった」…決勝Tは「今日休んだ選手がやってくれる」

山口蛍がポーランド戦を振り返った [写真]=Getty Images

 28日、日本代表は2018 FIFAワールドカップ ロシア・グループステージ第3戦でポーランドと対戦。引き分け以上で自力突破、敗れた場合は同時刻開催のセネガル代表対ポーランド代表でセネガルが勝利を収めるか、コロンビアが勝った場合はセネガルとの2位争いになるという状況だった。

 日本はこれまでの2試合からスタメンを6人入れ替えてポーランド戦に臨んだ。長谷部誠に変わってボランチで出場した山口蛍は、「0−0を狙っていたわけではないし、点を獲ろうとしていたけど、自分たちは(スタメンが)6人変わって、上手くいかないことが多いと思っていた。その中で相手にボールを持たれる時間はあると思ったし、前半は0で耐えようと思っていました」と試合前のプランを話した。

 前半は狙い通り無失点で抑えた。しかし、日本は59分にフリーキックから失点してしまう。得点が必要になった日本は乾貴士を投入しゴールを狙った。すると、他会場でも試合が動く。74分にコロンビアが得点し、セネガルも1点ビハインドという状況になった。これを知った日本は長谷部を投入。リスクを避けたパス回しで時間を経過し日本は0−1で敗戦。それでも、セネガルも敗れたことで、フェアプレーポイントの差で日本の決勝トーナメント進出が決定した。

「(コロンビアが)1−0で勝っていたとかは分からないですけど、とりあえず僕は『イエローをもらうな』ってハセさんに言われたので」と、山口は当時の状況を語った。

 日本とセネガルは勝ち点、得失点差、総得点で並んだため、警告数の少ない方が優位となる「フェアプレーポイント」が比較対象となった。日本がパス回しを始めたのも、セネガルが失点し、自分たちがフェアプレーポイントでセネガルを上回っていると把握していたからだ。しかし、仮にセネガルがコロンビアに追いついてドローで決着し、日本が敗れた場合、得失点差で日本はグループステージ敗退という可能性も考えられた。

 しかし、山口は「多分、(セネガルが)追いついたら指示があって、点を獲りに行くという展開になっていたと思いますけど、そこまでは考えていなかったですね」と、セネガルが同点に追いつく可能性は考慮しなかったという。薄氷を踏むような戦いでベスト16に進出した日本だが、次からは他力本願では勝ち進めない決勝トーナメントが舞台となる。

 山口は次戦について「ベースになるのは2試合(コロンビア戦、セネガル戦)でプレーしたメンバーになると思うし、今日出た選手は休んだ選手につなげるという役目もあったと思う。今日休んだ選手が次はしっかりやってくれると思う」と語った。

 決勝トーナメントは6月30日から始まり、日本は7月2日、グループG首位のベルギー代表と対戦する。

関連記事(外部サイト)