日本、ポーランドに先制許す…セットプレーから痛恨の失点

日本、ポーランドに先制許す…セットプレーから痛恨の失点

フリーキックからの失点シーン [写真]=Getty Images

 日本代表は28日、2018 FIFAワールドカップ ロシア・グループステージ第3戦でポーランド代表と対戦し、先制点を奪われた。

 引き分け以上で決勝トーナメント進出が決まる日本はセネガル戦からスタメンを6人入れ替え、槙野智章、酒井高徳、山口蛍、宇佐美貴史、岡崎慎司、武藤嘉紀が初先発を飾った。一方のポーランドは、エースのロベルト・レヴァンドフスキを先発で起用した。

 スコアレスで迎えた59分、ラファウ・クルザワのフリーキックからヤン・ベドナレクに右足ボレーで合わされ、ポーランドに先制を許した。

関連記事(外部サイト)