ビッグセーブを見せた川島永嗣「自分がチームを救う番だと」

ビッグセーブを見せた川島永嗣「自分がチームを救う番だと」

チームを救うセービングを見せた川島 [写真]=Getty Images

 28日に2018 FIFAワールドカップ ロシア・グループステージ第3戦が行われ、日本代表はポーランド代表と対戦し、0−1で敗れた。川島永嗣が試合を振り返っている。

「このゲームに関しては残念でしたけれど、全員でつかんだ予選突破なので嬉しいです」

 セネガル戦では自身のミスによる失点があった。しかしポーランドとの一戦ではビッグセーブを見せ、最少失点に貢献しチームを決勝トーナメント進出に導いた。

「チームにかなり迷惑をかけていたので、今度は自分がチームを救う番だと思いました。しっかり仕事ができてよかったです」

「いろんなことがありましたけれど」と、苦労した末に手にした結果を祝うとともに、次の試合に向けて気持ちを高ぶらせた。

「チームが一つになって予選を戦ってきた。一人一人の気持ちが、この結果につながっていると思います。今まで成し遂げられなかったことを目指して、一つになって進んでいきたいです」

関連記事(外部サイト)