日本は“フェアプレー”のチーム? 大会最少のファウル数を記録

日本は“フェアプレー”のチーム? 大会最少のファウル数を記録

ポーランドと対戦した日本代表 [写真]=FIFA via Getty Images

 日本代表はポーランドに0−1で敗戦したものの、フェアプレー・ポイントの差でセネガルを上回り、2018 FIFAワールドカップ ロシア決勝トーナメント進出を決めた。イギリスメディア『Opta』によると、日本がフェアプレーをしていることがデータにも出ているようだ。

 日本のグループステージ全3試合でのファウル数は「28」回であり、32カ国中3試合終えたチームの中でもっとも少ない数字である。またイギリスメディア『BBC』は、日本はW杯で戦った全19試合でレッドカードなしという記録を持っている、と報道した。

 決勝トーナメントに進出した日本は1回戦で、すでにグループステージ突破を決めたグループGのイングランドかベルギーと対戦する。

関連記事(外部サイト)