物議醸す“パス回し”を本田圭佑はどう見たのか? 「本当はダメだけど…」

物議醸す“パス回し”を本田圭佑はどう見たのか? 「本当はダメだけど…」

ポーランド戦をベンチで見守った本田圭佑 [写真]=Getty Images

 敗れたものの、フェアプレーポイントの差で辛くも決勝トーナメント進出を決めた日本代表。ポーランド代表戦をベンチで見守ったMF本田圭佑はどう思ったのか。試合後に心境を明かした。

 日本は28日に2018 FIFAワールドカップ ロシア・グループステージ第3戦でポーランドと対戦。引き分け以上で自力突破、敗れた場合は同時開催の試合でセネガルが勝利を収めるか、コロンビアが勝った場合はセネガルとの得失点差や総得点、フェアプレーポイントでの争いになる、という状況で最終戦を迎えた。

 59分に先制点を許した日本は65分に宇佐美貴史に代えて乾貴士を投入するなど、同点ゴールを狙う姿勢を示した。だが、74分にコロンビアが先制したことでゲームプランが変わる。このまま両試合が1−0で終わればフェアプレーポイントにより突破が決まる状況となった日本は、3枚目の交代カードで長谷部誠を投入。その長谷部を中心にリスクを冒さずパスを回し、タイムアップを迎えた。

 この判断にスタンドからはブーイングが飛び、本田も「出ている選手はたぶんストレスもあったと思う」とコメント。それでも「僕らにとっては予選通過が目的だったので、僕は非常にポジティブな結果だと思っています」とグループステージ突破という結果を最優先したことに間違いはないと主張した。

 ただ、本田自身はブーイングをしたファンの気持を理解している。「サッカーってエンターテインメントでしょ。そういう意味では結果主義ではダメなんですよ。って僕はずっと思っているんです。本当は良いサッカーしてなんぼなんですよ」

 それでも本田が結果にこだわるのには理由がある。

「結果を出さないと誰も僕の発言を聞いてくれないから、僕は結果だけを追い求めているんです。面白いサッカーを見たくてブーイングを送っていたファンには申し訳ないと思う。でも勝たないと、次に進まないと、次に良いサッカーをしてファンを喜ばせることもできない。そういう意味では理解してほしいなと思います」

 ベスト16ではイングランド代表、もしくはベルギー代表と対戦する。「ここからはすべてが決勝」という舞台で、ファンを納得させるサッカーを披露してくれるはずだ。

関連記事(外部サイト)