決勝T初戦で激突…ベルギー指揮官が今考えるのは「日本との戦いのみ」

決勝T初戦で激突…ベルギー指揮官が今考えるのは「日本との戦いのみ」

マルティネス監督(右)が日本への警戒を強めている [写真]=Photonews via Getty Images

 2018 FIFAワールドカップ ロシア・グループステージは28日に全日程が終了し、決勝トーナメントに進出する16チームが出揃った。日本代表が1回戦で対戦するベルギー代表のロベルト・マルティネス監督は、すでに日本戦へ視線を向けている。イギリスメディア『スカイスポーツ』が28日付で伝えた。

 マルティネス監督は、第3戦を終えるとすぐに「我々は今、日本にフォーカスする必要がある。イングランドはコロンビアと対戦する。もしそれ以上のことを考えるのであれば、非常にリスキーだ」とコメントした。ベルギーが格上であることは間違いないが、同監督は日本戦のみを考えていると強調し、日本への警戒を強めている。

「(準々決勝までの)移動を考えたら、休養日を1日取れるから我々は(グループ2位で)モスクワに滞在している方が楽だった。だけど、今我々が集中しているのは、日本との戦いのみだ」

「W杯の予想が難しいということは分かったね。ドイツが敗退したんだ。これを起こりうるものと考えていた人が多かったとは思わない。今回のW杯は本当に予測不可能だ」

 日本対ベルギーの一戦は、7月2日に行われる。

関連記事(外部サイト)