「次の試合では”戦って”ほしい」英BBCのコメンテーターたちが日本に苦言

「次の試合では”戦って”ほしい」英BBCのコメンテーターたちが日本に苦言

日本の終盤のプレーに賛否両論 [写真]=Getty Images

 28日に2018 FIFAワールドカップ ロシア・グループステージ第3戦が行われ、日本代表はポーランド代表に0−1で敗れた。この試合で終盤に日本が見せたボール回しに、イギリスメディア『BBC』のコメンテーターたちが苦言を呈している。

 同時刻のキックオフとなったグループHのもう1試合はコロンビア代表がセネガル代表に1−0で勝利。試合中、日本とセネガルは勝ち点、得失点差、総得点で並んでいた。それでも、フェアプレーポイントで日本がセネガルを上回っていたため、日本が攻めに転じずボール回しで時間を稼いだことに対し、北アイルランド代表を率いるマイケル・オニール氏は「監督である私としては、他会場の試合結果に運命を託すことにとても驚かされた。次の試合では、日本に“戦って”ほしい」とコメントした。

 また、イングランド代表の元キャプテンであるテリー・ブッチャー氏は「後味が悪い試合だった。酷く、不名誉なものだった。依然としてW杯は素晴らしいものだが、日本とポーランドによってW杯は少し汚された」と酷評している。

 さらに、『BBC』のライブコメンテーターのコナー氏は「日本がこの試合で取ったリスクは試合を止めることだった。 もしセネガルが得点していれば、日本は敗退していて、時間を無駄にしていただろう。 彼らはフェアプレーポイントでベスト16に進出したが、それをフェアなプレーだと呼ぶことができるのか。それは競争の精神なのか」とコメント。日本に戦う姿勢がなかったと批判した。

関連記事(外部サイト)