ルーニーのアメリカ移籍決定…DCユナイテッドと3年半契約「新たな野心」

ルーニーのアメリカ移籍決定…DCユナイテッドと3年半契約「新たな野心」

DCユナイテッド移籍が決まったルーニー [写真]=Getty Images

 メジャーリーグ・サッカー(MLS)のDCユナイテッドは28日、エヴァートンに所属する元イングランド代表FWウェイン・ルーニーが完全移籍で加入することが決まったと発表した。契約期間は3年半で、背番号は「9」。

 移籍加入にあたり、ルーニーは「数週間後に新しいスタジアム(アウディ・フィールド)がオープンするという、このクラブの歴史においてエキサイティングな瞬間にDCユナイテッドへ加わることは素晴らしいことだ。アメリカ、MLSへの移籍は私にとって新たな野心なんだ。ここでの成功に飢えているし、100パーセントをクラブに捧げるよ」と抱負を語っている。

 ルーニーは現在32歳。下部組織からエヴァートンでプレーし、2004年夏にマンチェスター・Uへ移籍した。そして昨年夏にエヴァートンへ復帰。2017−18シーズンはプレミアリーグ全38試合中31試合に出場し、チームトップの10得点を挙げた。

 エヴァートンとの契約は来年夏まで残っていたものの、自身初となる国外移籍を決断したルーニー。プレミアリーグで通算208得点を記録した元イングランド代表FWが、アメリカでのチャレンジに臨む。なお同選手は、来月14日に行われるバンクーバー・ホワイトキャップス戦でのデビューが見込まれている。アウディ・フィールドで行われる最初の試合で、新天地での第一歩を踏み出すことになるようだ。

関連記事(外部サイト)